赤錆色の書庫

ヘッポコライターが趣味と練習で書いた作品を、フリーで公開していくブログです。台本使用の際はメールフォームにてご連絡ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

沈黙は金、雄弁は銀

私生活で色々死にそうになってましたが、久々に駄文でも……。

タイトルのことわざ、『沈黙は金、雄弁は銀』

個人的に、実にその通りだと思います。
しゃべりすぎる事は余計な間違いを起こす原因にもなりますし、
ライター的にも、多すぎる言葉は文全体の美しさを損ねると思います。

しかし、ただ沈黙がすばらしいのかと言うとそれは違うと思う。

最近、『沈黙は金、雄弁は銀』という言葉を知ってか知らずか、
ひたすら喋らない人をたまに見かけます。

「やって」や「くれ」と述語だけしか言わない人や、
「あれ」や「それ」と主語があいまいな人、
果てには簡単な手振りで物事を伝えようとする人まで……(((( ;゚Д゚)))

私、ニュータイプじゃないんでわかんないですよ……(´;ω;`)

沈黙は金ですが、あくまで自分の考えを伝えた上での『金』なのだと私は思います。

「多くを語らず、自らの考えを伝える人はまさに『金』であり、
雄弁だが、自らの考えを伝えれる人は『金』とまではいかずとも『銀』である」

これが私流の『沈黙は金、雄弁は銀』の解釈です(`・ω・´)+
……うん、ちょっと格好付けすぎかな?(´・ω・`)=3

ちなみに、上の私流の解釈に続きをつけると、

「伝えれないが多くを語る人は『銅』であり、
伝えれないのに沈黙する人は『石』である」

まあ、こんなところですかね(´・ω・`)

言いたい事はわかっていただけるでしょうか?
「伝わらないなら伝える努力をしようぜ?(`・ω・´)+」ってことです。

伝えるって事は大切です。
その為に努力をしないなんて格好良くも何でもありません。
個人的には『石』でも勿体ないって思うくらいです。

沈黙は格好良い?
そんなの冗談じゃないですよ(´・ω・`)=3
語彙が足りず、伝わらないのに伝えようと努力する子供に対して失礼極まりないです。
犬猫でも餌をくれって必死に伝えようとしています。
それなのに、いい大人が『沈黙は金』を言い訳に伝わってないのに黙っている……。

私はそんな格好悪い自称『金』よりも、『銀』や『銅』でいたいです(´・ω・`)

もし、こんな駄文を見て、
「自分はちゃんと伝えれてるのかな?」
と思ったのなら少し自分の言葉を振り返ってみてください。

もしかしたら、自称『金』になっているかもしれませんね。




あ、『最近』とか書いちゃったから、
「若い奴はしょうがないなぁ~」なんて思っているご年配の方々はいますか?

自称『金』はご年配の方々にも同じくらいいますよ?
おそらく、長く生きてきた分、常識が凝り固まって思考が『当たり前』だらけになっていて、
自分の考えが常識だと思い、「言わなくても解るだろう?」ってことになってるんでしょうね(´・ω・`)=3

ぶっちゃけ、ご年配の自称『金』の方が面倒だったりします(´;ω;`)
スポンサーサイト
  1. 2016/07/21(木) 01:06:03|
  2. 駄文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『大人』な大人の人達

最近、『カッコイイおっさんが出るのは良い作品』などと聞いて、
「なるほどな(`・ω・´)+」と思いました。

良い作品には、主人公達を導くようなカッコイイ大人が登場するものが多いです。
物語を良い方向にまとめる為に、
そういうキャラクターは欠かせない存在ですね。
そういうわけで、今回は『大人』に関して書いていこうかなっと……(´・ω・`)=3

まず、『大人』って何なの?ってところから。
日本では20歳を超えたら成人として扱われます。
なら、20歳になれば大人なのかと言うと違うでしょうね。
え? どうして?
だって、成人式の様子を見て下さいな。
やるなと言われてるのにあんなバカ騒ぎを、大人な人がするでしょうか?

まあ、成人式は『迎えたら大人になる式』ではなく、
『例え子供でも周囲から大人と扱われる様になる式』って事ですね。

じゃあ、結局なんなのか?
自論ですが、人の成長は自分の見る世界の大きさに大きく関わっていると思います。
生まれた時は自分のみ。
成長するにつれて自分+家族、自分+家族+友人、自分+家族+友人+……etc
と、見る世界がどんどん広がっていきます。
以上の事から私は、大人とはその見る世界がかなり広くなった人の事だと考えています。

あ、これを見て「見るくらい全然余裕だ」などと思ってる人は、
たぶん理解できてない上に、あまり見る世界が広くないと思われます。

私が言っている『見る世界』とは、見た上でその対象の事を考えることも含まれます。
私自身、自分を見て自分を理解するという事すら完全にできているか怪しいレベルです。
それが家族、友人、仕事仲間、他人……と広い範囲で完全にできる人がどれほどいる事か……(´・ω・`)

自らの行動のたびにそれらにどう影響を与えるのか思考を巡らせる。
おおよそ、家族までにできて大人って感じでしょうか?

まあ、あくまで私の自論では‥の話ですが(´・ω・`)=3
少なくとも、自分の見る世界の人達に迷惑かけない様に心がければ、
成人式でバカ騒ぎをする事は無いと思いますね。

次は『カッコイイ大人』に関して書いていこうかな……?
  1. 2015/02/16(月) 01:06:44|
  2. 駄文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『お客様は神様です』という言葉

客商売をしているとよく聞く言葉、
『お客様は神様です』

昨今だと、『客は神様なんだから何をしても許される』的な意味でとられて、
店員相手に好き勝手注文したり、文句を言ったりする為の免罪符になってます。

……が、実際この言葉は、言ったご本人である三波春夫さん曰く、
『自信の完全を出す為に、雑念を払う。
その為に客(オーディエンス)を神様としてみる』
ちょっと、噛み砕いてありますが、おおよそこんなところでしょうか?
ライターである私にはとても共感できる言葉です。

あ、これを見て、『やっぱりお客様は神様じゃないか!』と思った人、
それは間違いです。

私は客(オーディエンス)と書きました。
三波春夫さんも『私が言うお客様は、聴衆・オーディエンスのことです』とも言われています。
これはつまり『自分を黙って見てくれる』方達の事です。

壇上に上がってきてステージを台無しにする様な輩を神様とは言いません。
そんなに神様の名が欲しければ、『疫病神』とでも名乗ればよろしいと思います(´・ω・`)=3

じゃあ『ステージの内容が悪かったらどうするんだ!!』って言うかもしれませんが、
その場合は、ステージ外で行うのがマナーだと思います。
特に昨今、インターネットが普及し、人の噂の広がりもすごく早くなっています。
なので、我々提供する側からすれば、
下手な物を見せれば、それが命取りになる世の中です。
なので、気に入らない物だったら、そういった場で評価を下して頂けるのが良いと思います。
気に入らないからステージに上がって台無しにするってのは、やっぱり間違ってると思いますよ(´・ω・`)




……って、前振り長くなったよ(´;ω;`)

要するに『お客様は神様です』というのは、
『お客様は静かに見守っていてください、我々はそれに対し最上級を差し上げます』
……という意味なのです。


ここから本題です。

最近、企業の失態が目立ってきています。
特に大手の企業がやらかしちゃってるみたいですね……(´・ω・`)=3
何でこんな事になったのか?

それは、別に専門家でもない私でもいえることです。
『お客様をバカにしすぎた』からでしょうね。
上でも言ったように、インターネットの普及で噂の広がりは尋常じゃありません。
田舎町くらいの噂の広がり方でしょうか?
そのくらいの速さで広がっていきます。
さらにはツイッターやフェイスブックなどリアルタイムで簡単に更新できる物まで出る始末。
(ちなみに私はやってないので詳しくはわからないんですが……(´・ω・`))

まさに『人の口に戸を立てられぬ』ですね。
どんなに口止めしても、止める事なんて不可能でしょうね。
たった一言で、大きく崩れる企業だってあるくらいですし……(;´・ω・`)

『それの何がお客様をバカにしている?』
簡単に言うと、露呈しないと思い、上っ面だけ良くして、手を抜いた内容にするところですね。

上で書いた噂の広がりを甘く見て、杜撰な内容をそのまま放置、もしくは手を抜いた内容を提供する。
そんな事を昨今の企業は行っているように思います。
こんな状態で『お客様をバカにしていない』という方がどうかしているんじゃないかなぁ~?(´・ω・`)?

ところが、お客様はバカじゃありません。(`・ω・´)+
酷い物があれば『酷い物だ!』と噂を広めていきます。
それがどれだけの被害になるかは、今のニュースでも見ればすぐにわかることでしょう。


今、企業はステージの上にあがり、
民衆という大勢のオーディエンスに見られている状況です。
そんな中で、上っ面だけ良くして、手を抜いた出し物をやって、評価されるかどうか?
結果は火を見るより明らかでしょう。

『お客様は神様です』

今、企業に求められているのは、本当の意味でのこの言葉だと思います。




……個人的には、ボロクソな評価でも見てもらえる企業さん方が羨ましく思えますが(´;ω;`)
  1. 2015/01/20(火) 13:02:11|
  2. 駄文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『無償の愛』って存在するのか?

色々とあって、作品作れない中、
ふと思いついた事があってこんな駄文を書いとります。
あくまで個人的な考えなのであしからず。


ある事がきっかけで『無償の愛』の存在に関して考えてみました。

まず、『無償の愛』って何?(´・ω・`)
……って事で、ちょっと調べてみる事に。

大雑把に言うと、『何も利が無いのに相手に何かを与える行為』という事でしょうか?
これに当てはまる例を挙げると、ボランティアや親子、
あ、恋人同士とかも当てはまるのかな?
いや~、結構いるもんだな( ´∀`)<ウフフ

……あれ?
ちょっと、待って?

確かに、物質的な利は無いけど、
どれも精神的な物を得ているんじゃ……?

例えば、ボランティアは他者の幸せを見た時の満足感、他者を助けたという優越感、他にも色々とあったりする。
親子なんかはなおの事、子の幸せを見た時の満足感、自分自身の将来の為、
生物学的には子孫(遺伝子)を残すとか……。
恋人だって、「愛するのは愛されたいが為」とも言うし、相手に幸せになって欲しいと願う者もいる。

……ん~(´・ω・`)
そう考えると、『無償の愛』って存在が怪しくなってくる。
いや、神様の愛とかどうだろう?
検索でも『無償の愛』=『神の愛』って出るし……。
あ、これもダメかも。
もし、神様が人間の幸せを『望んで』愛を与えていたのなら、
『望み』が叶った事になり、何かを得た事になる(´・ω・`)
このパターンで成立するって言うと……、
あ、クトゥルフのアザトースか!( ゚д゚)そ

クトゥルフを知らない人に、アザトースを説明すると、
すごい神様だけど、人間の事を屁とも思っていない神様。
空気中を漂う、益も害も無い細菌くらいにしか思ってない。
……というか意識もしていない。

で、その神様の身じろぎでたまたまこちらに利が転がり込む。
神様は特に何も得ていない。
こちらはハッピー。
これぞ『無償の愛』!!(`・ω・´)+

……ごめん、なんか違う気がする(´;ω;`)

たぶん、スケールが大きすぎて訳わからなくなってるのかな?
もうちょっと身近でないとダメなのかな?

身近に存在して……。
一方的に尽くしてくれて……。
感動も喜びも無く……。
何も求めない……。

……そんな機械みたいなヤツ見たこと無いよ(´・ω・`)=3
昨今の創作物でも、『無感情』や『機械的な』とか付いても何かしらの感情が残ってたりするのが多いし……。

あれ? 『機械』?








ああああああ!?
いた!
身近にかつ感情も持たず、それこそボロボロになるまで尽くしてくれる存在が!

機械類!
そう、生活家電をはじめ、ATM、電車、自動車、信号機、エレベーター、他にもいっぱい!
今、これを見ている人の前のPCか携帯端末もそうです!

彼らは彼らから何か求めるわけも無く、
何かを感じるわけでもなく我々に尽くしてくれている。
それも壊れて捨てられるその日まで……。
まさに『無償の愛』だ(´;ω;`)

そう考えると、世界は『無償の愛』で溢れているという事になる。
素晴らしきかな世界!


……でも、ここで一つ悲しい事実が(´・ω・`)

人々の中には人に『無償の愛』を求める人もいる。
『無償の愛』=『最上級の愛』って定義があるっぽいですからね。
確かに、『最上級の愛』って聞くと凄くよく聞こえる。

でも、僕の言った事を当てはめると、
「私の為の機械になってね(はぁと」
って言ってる事になる気が……(((( ;゚Д゚)))

果たして、相手を機械の様に扱って得た愛にどんな幸せがあるのか……、
ちょっと、興味深いけどこのお話はここまで(`・ω・´)+

また、もやもやが溜まったら駄文を書くかもです。
  1. 2014/12/12(金) 18:27:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビューティフル・デッド

|ω・`) コソーリ……

お久しぶりです。
久しぶりに台本書いたので上げていきます。

本日の作品です。

ビューティフル・デッド

●ドラマ現場


ドラマ撮影中の舞。


監督 「カーット!」


撮影が終わる。
スタッフが片づけを始める中、
楽屋に引き上げていく舞。


舞 「お疲れ様でした~」


そこにやってマネ。
楽屋に向かいながら会話。


マネ 「舞、お疲れ様」

舞 「あ、マネージャー」

マネ 「さっきの撮影、最高の出来だったわ。
歌やトークだけでなく、演技もこなすなんてさすがね」

舞 「当然よ、なんせ私は世界のトップアイドルですから!」

マネ 「ええ、舞はまさにアイドル・オブ・アイドル。
こんなアイドル、地球史上類を見ないわ」

舞 「ふふふ、そうでしょ そうでしょ。
で、マネージャーこの後の予定は?」

マネ 「この後はA局で歌番組、
次にニューシングルの収録ね」




スマホ等はこちらから

今回はコント風の台本です。
思いついたのは誰かと喋っていた時なんですが、
どんな内容だったか忘れてしまった。
死亡シーンのBGMがどうとかだった気が……?

まあ、そんな事から閃いた作品ですが、
制作になかなか苦労しました。

何がって、死亡シーンの演出が全然思いつかない。
思いついたとしても、メディアによっては使えないのが多々あり、
なかなか決めることが出来ない。

延々と考えた末、この形になりました。


……で、この台本を使う人へのお願いです。

死亡シーンの演出は好き勝手にいじって下さい。
映像でしか出来ない演出、舞台でしかできない演出、アニメでしか出来ない演出等々、
使用するメディアに合わせて好き勝手にいじっちゃってください。

私はそれを見てニヤニヤしたいと思います。
  1. 2014/11/12(水) 18:00:58|
  2. 自作台本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

赤堀達也

Author:赤堀達也
ヘッポコライター。

自分の書き物で誰かが楽しめる様に、
無い頭を振り絞る日々。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
自作台本 (11)
読み物 (1)
駄文 (3)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。